先生の声紹介

砂川 愛  たかば保育園(常磐短期大学卒業)

砂川 愛

憧れの職場で

私は、当保育園の卒園児で、その時の担任の先生に憧れて保育士を志しました。園児時代の思い出は楽しい事ばかりで、いつか私もここで働いて、子供達と楽しい時間を過ごしたいと考えるようになりました。長年の夢が叶った時はとても嬉しかったです。就職してからの保育園の印象は変わりませんでした。どの子も目をキラキラさせて楽しく遊び、何かをやり遂げた後の子供達の笑顔は最高です。その笑顔を見ると私も沢山のパワーをもらって、「頑張るぞ!」という気持ちになります。先輩方は忙しい中でも、いつも相談にのってくれ的確なアドバイスをしてくれます。同期や後輩とは互いを励まし合い、様々な事に挑戦し、乗り越える良い関係が築けていると思います。人間関係にも非常に恵まれ、何でも打ち明けられる仲間がいるこの職場は、今も昔も変わらず私の大好きな場所です。

田中 真紀  たかば保育園(茨城キリスト教大学卒業)

田中 真紀

共感し合える仲間

私がこの保育園で働きたいと思ったのは、園を見学に来た時の子供達や先生方の笑顔と、子供達の何事にも明るく楽しく取り組む姿が非常に印象的だったからです。実際に働いてみて感じた事は、園の子供達が先生達や保育園自体を大好きで毎日登園する事をとてもに楽しみにしている事です。子供達にとって毎日が刺激的で、クラス活動をはじめとする様々な事に興味関心を持っています。何より子供達にとって安心して色々な経験が出来る場所があります。ここには出来た事の喜びを感じられる場が沢山あり、その喜びを共感し合える環境がある事が子供達の成長にとって大切だと思います。先輩方も沢山のアドバイスやサポートをしてくれ、私自身、非常に成長出来る場だと感じています。子供達と一緒に様々な経験を通して、これからも益々成長していきたいです。

北野 奈月  たかば保育園(常磐短期大学卒業)

北野 奈月

憧れの先輩達のように

私は保育士の母の姿に憧れ保育士になる夢を現実にするために常盤短期大学幼児教育保育学科に入学をしました。今思えば、未熟だった保育実習。自分なりに一生懸命考えた遊びが思うようにいかない時があったり・・・何をやっていいか戸惑う時もあったり・・・本当に一人前の保育士になれるのだろうか・・・と不安で一杯でした。でも、そんな私を支えてくれたのは、何と言っても、お世話になった保育園の先生方の励ましの言葉、そして、子供達の「先生大好き!!」といった満面の笑みでした。今働いている保育園はチームワーク抜群で笑顔が絶えない先生方の姿がとてもかっこよく、実習の際に私もこの保育園で働きたいと強く思いました。保育園の子供達は、広い園庭でのびのび体を動かし、様々な活動を通し、メリハリのある生活を送っています。年間を通して沢山の行事がありますが、姉妹園と合同で行う事が多い為、とても盛大に盛り上がり、職員全員が楽しんで取り組んでいます。保育士の仕事は決して楽な仕事ではありませんが、保育で困った時、助けてくれたり、優しくアドバイスをしてくれる先輩方がいたり、元気、笑顔、その他にも目には見えない沢山の物を毎日プレゼントしてくれる子供達がいたり・・・そして、何より保護者の方から感謝の言葉を励みに、その子供達の新しい成長を見ることが出来る素晴らしい仕事だと思っています。今は、「周りの憧れの先輩達の様になりたい!」と新たな夢に向かって毎日がんばっています。学生の皆さん。子供達は皆さんを待っています!諦めずに、希望を持って、夢を現実にするために頑張っていきましょう!!挫けそうな時は初心に戻り、「子供が大好き!」その気持ちを忘れないで下さい。皆さんと一緒に保育が出来るのを楽しみに待っています!!

小口 真依  たかば保育園(茨城キリスト教大学卒業)

小口 真依

毎日ワクワク!

私は小さい頃、自分の通っていた保育園の先生の事が大好きでした。「小さい頃に大好きだった先生方と一緒に仕事がしたい」という思いで、私は当保育園に就職しました。当保育園では子供達がワクワクするような行事が沢山あります。様々な行事を通して子供達と一緒に汗を流し、悩んだり、笑い合ったりする事で、子供達と共に達成感を感じる事ができ、色々な経験をする事が出来ます。保育中に悩んだり、つまづいた時には、アドバイスをしてくれたり、一緒に悩んでくれる素敵な先輩の先生方が当保育園には沢山います。私も憧れの先生を目指し、色々な経験を通して更に成長していきたいと思います。

千葉 風子  心羽えみの保育園石神井台(十文字学園女子大学卒業)

信頼してくれる上司や先輩、同僚がいるからこそ

私は、二年間、障害児施設で働いていました。障害のある子どもと関わる中でその子ども一人ひとりの細かな気持ちに気づき、寄り添う保育をしてきました。玩具を投げたり、手が出てしまったり、一見悪いように見えることでも子どもにとって必ず理由はあり、その子がどんな思いだったのか共感し寄り添い、それを繰り返す中で、子どもが保育者の事を信頼し、安心して自由に自分の気持ちを表現するという事を大切にしてきました。
当園は新園ということもあり、職員全員が一丸となっていろいろなことを考え進めています。先輩後輩関係なく意見を出し合い、毎日少しの時間でも子どものことを話しています。主任や園長先生にも相談しやすく、「今日の関わりは子どもにとって良かったのか」、と悩んだ時や「子どもにこんな興味があってこういう事をしていきたい!」と思った時に親身に聞いてくれ自分のやりたいと思ったこともチャレンジでき、「自ら考え、挑戦して失敗してもまた挑戦できる」ということは当園の強みです。
たくさん挑戦してたくさん失敗しても良い。と信頼してくれる上司や先輩、同僚がいるからこそ、自分らしい保育をすることができます。職員と切磋琢磨して、園を盛り上げていきたいと思います! 

濱田 優歩  心羽えみの保育園石神井台(星美学園短期大学卒業)

子どもと共に成長できる職場

私が心羽えみの保育園石神井台で働きたいと思った理由は、子どもの自発性を引き出すという保育方針に魅力を感じたからです。保育者が中心となって保育を進めていくのではなく、保育者は子どもの興味や関心に合わせて環境を整え保育を展開していく、その保育方針に深く共感し心羽えみの保育園石神井台で働くことを志しました。
実際に働いてみて感じたことは、日々の保育の中で子どもが見つけた小さな興味関心を保育者が拾い上げ、コーナー遊びにさりげなく取り入れたり、次の日の散歩に活かしたりと、子どものその日の様子や気づきに合わせて保育の内容を変更したりする、子ども中心の保育にやりがいを感じます。
子どもの力を信じて、日々話し合い、先輩後輩関係なく努力していく保育者達の関係もとても魅力的です。新しい園だからこそ、保育者全員が協力して園を作り上げ子どもと共に成長できる職場だと思います。私自身も、子どもと共に全力で楽しみ、様々な経験を重ねて、成長していきたいです。